到着即時輸入許可制度

到着即時輸入許可制度

通関情報処理システム(NACCS)を使用し予備審査制を利用した貨物のうち、税関検査を要しない貨物については、貨物の到着が確認され次第、ただちに輸入許可を受けることができる制度のこと。
輸入貨物の場合、輸入申告が行えるのは、原則として貨物が保税地域に搬入された後、とされているが、保税地域への搬入等に時間がかかり、輸入申告に長時間を要することがある。そこで、同制度が1996年に、航空貨物を対象に導入され、2003年には海上コンテナ貨物も対象となった。

- Sponsored -

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


求人採用エントリーはこちら

求人採用/エントリー