倉庫業の種類

倉庫業の種類

大きく分けて3つの種類の倉庫のこと。
(1) 普通倉庫業
   農業、鉱業(金属、原油・天然ガス等)、製造業(食品、繊維、化学工業、紙・パルプ、機械等)といった幅広い産業の様々な貨物に加え、消費者の財産(家財、美術品、骨董品等)も保管する。
法律上の分類による1類倉庫、2類倉庫、3類倉庫、野積倉庫、貯蔵槽倉庫、危険品倉庫を総称して、普通倉庫と呼ぶ。
(2) 冷蔵倉庫業
   8類物品(食肉、水産物、冷凍食品など10℃以下で保管することが適切な貨物)を保管する。 
(3) 水面倉庫業
  5類物品(原木等)を水面で保管する。

- Sponsored -

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


求人採用エントリーはこちら

求人採用/エントリー