ハブアンドスポーク

ハブアンドスポーク

大拠点となる空港(ハブ)に貨物を集中させ、各拠点(スポーク)に分散して輸送する方式のこと。
当初は、航空貨物輸送で始まったが、現在では船舶輸送や国内の陸上輸送でも使われている。
各拠点間を相互で輸送していたときに比べ、路線数の減少等、効率的な輸送が可能となる。

- Sponsored -
おすすめの記事